10周年記念コンサート


今年の夏で「軽井沢で楽しむオールショパンプログラム」が開催されて丸10年が経ちました。ちなみに第1回の開催は2007年の夏、主催者の教師だったピアニストによるショパン演奏と、門下生による発表会がセットになったものでした。言うなれば優秀なピアノ指導者を囲んだピアノ愛好家の集いといったところからスタートしましたが、幸いにも2009年の横山幸雄さんの出演や翌年の軽井沢ショパン倶楽部結成などを経て、なんとかここまでたどり着くことが出来ました。これもひとえにショパン倶楽部世話人をはじめとした多くのお客様と、全ての出演者の皆様のご理解とご協力の賜物であったと深く感謝申し上げます。思えばあっという間の10年でしたが、先ずはここまで来れたことの節目として8月13日と21日に二つの記念コンサートを開催いたしました。いずれも軽井沢ショパン倶楽部・アーティスト代表の横山幸雄さんによるピアノ演奏で、後半の21日はNHK交響楽団の皆さんによるカルテットとの共演でした。その様子をGWに開催されたプログラムとともにかいつまんでご報告させていただきます。
 

5月1日開催「第39回 軽井沢で楽しむオールショパンプログラム」
= プレリュート&エチュード特集 =
ピアノ:横山幸雄
2つのノクターン 作品27
24のプレリュード 作品28
  ティータイム
12のエチュード 作品25 
 以下リクエスト曲
バラード第1番 作品23
4つのマズルカ 作品33
即興曲第2番 作品36
舟歌 作品60

           


GWのコンサートは横山幸雄さんの毎年恒例ショパン全曲演奏会の直前に開催されるのが習わしとなっており、8年目にあたる今年も全曲演奏会の曲目から選んだプログラムとリクエストになりました。一大コンサートを控え、集中力に満ちた横山さんの完成度の高い演奏に一同酔いしれました。



8月13日開催「第40回 軽井沢で楽しむオールショパンプログラム」
= 10周年記念 プレ・コンサート =
ピアノ:横山幸雄
ピアノコンチェルト第2番 作品21 ピアノソロバージョン
  ティータイム
ピアノコンチェルト第1番 作品11 ピアノソロバージョン

           


10周年記念プレ・コンサートは二つのピアノコンチェルトのソロバージョンが演奏されました。ショパンが活躍していたころは現代ほどオーケストラが身近でなかったこともあり、初演はいずれも20才のショパン自らがピアノで独奏したと言われています。また管・打楽器を含むオーケストレーションは後に第三者によって補作されたという説もあり、そうであれば作曲家自身が実際に表現したものに近い形態はソロバージョンなのかもしれません。1番2番ともにショパン本人が弾いているような繊細さと、夏の当コンサート特有の煌びやかさを兼ね備えた名演となりました。
 


8月21日開催「第41回 軽井沢で楽しむオールショパンプログラム」
= 10周年記念コンサート =  
ピアノ:横山幸雄 
ヴァイオリン:宇根京子、横溝耕一 ヴィオラ:飛澤浩人 チェロ:向山佳絵子 
(以上、NHK交響楽団メンバー)
ピアノコンチェルト第2番 作品21 室内楽バージョン
  ティータイム
ピアノコンチェルト第1番 作品11 室内楽バージョン


            

プレ・コンサートでのピアノ独奏バージョンに続き、10周年記念コンサートでは横山幸雄さんのピアノにNHK交響楽団メンバーによる弦楽四重奏が加わり、コンチェルトの室内楽バージョンが披露されました。幸いにもN響の皆さんは一昨年の仲道祐子さんとのコンチェルト第1番、そして昨年の横山幸雄さんとの第2番の演奏時と同メンバーとなりました。前述したようにショパンはピアノコンチェルトの初演をピアノソロで演奏しましたが、生前に出版されたいずれの楽譜も弦楽五重奏を加えた室内楽バージョンであったように、少人数ないしはソロで演奏する機会が圧倒的に多かったようです。そういった意味でも前回も今回も当時の演奏形態に比較的忠実であったと言えるでしょう。実際の演奏も5人の一糸乱れぬ呼吸が見て取れるほどのバランス感覚と、出るところは出るメリハリの良さが際立ちました。また前回にも増して各パートの艶やかな音色が光り、曲が進行して行くにつれていっそう色彩豊かに輝いていく様は感動的でした。 

           



今年は天候不順が続き、隣町から野菜を売りに来る回数やテニスがプレ―出来る日にちも減りました。しかしショパンがとりわけ好んだサロンコンサート、お陰様で音楽好きな仲間や卓越した演奏者達と次なる10年に向けて歩んで行きたい思いを強くした夏となりました。多くの関係者の皆様にあらためて深謝申し上げます。




【2017/10/25 22:38】 コンサート報告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-)
top>>